自炊と外食ではどちらが健康的な食生活を送れる?

外食は太りやすいだとか、健康的ではないと言われがちですがそれが真実なんでしょうか。
自炊と外食論争は昔から言われていますよね。
外食のメリットは、好きな食べ物を手軽にプロの味を味わえる点です。自宅ではなかなか作れないものをお店に行くだけで食べられるのがメリットです。一方自炊に比べてコストがかかるという面がデメリットとも言えます。それに加えて、健康的ではないという人もいますが、たしかに毎日塩分が多く脂っこいラーメンなどを1日何度も食べるような生活は少し体に心配がありますが、適度なのであれば大丈夫なのでは?と思ってしまいます。
一方自炊をした場合は、自分が摂取したい栄養素の食材を適切に調理してたべる生活を送ればそれは健康的な食生活とも言えますが、そもそも自分の体に不足している栄養素や食材はどんなものなのかを知ることはなかなか難しいものです。
逆に言えば、自分が食べなければならない食品や栄養素がわかっていれば、それを補える外食をチョイスしてたべれば理論上問題ないとも言えます。
野菜不足や人間の体の生命維持に重要な栄養が不足した食生活を送っていたり、過度に脂質や糖質などを食べる生活は健康に悪影響を与えることにもなると言われているのでこの点には気をつけなければならないと考えられますが、厚生労働省などが発表している健康的な栄養摂取を目安にすることで最低限の健康は保たれるのではないかとも考えられます。

昨今では、欧米から伝わってくる健康に意識の高い食事や栄養素を参考に毎日の食事をチョイスしている方もいると思いますが、健康への意識と情報の収集を行って、自分の食生活を見直しながらも専門家の意見や指導に従うことによって食事を選んでいけば自炊でも外食でも健康的な生活を送れるといえるのではないでしょうか。

自炊は面倒だという方も多いと思いますが、最近では食材を配達してくれるミールキットという商品があります。
食材の調理方法なども記載してあるレシピも付属しているので、自分では料理ができないという人でも料理キットを利用することによって、自宅で美味しい料理を食べることもできますし、料理を覚えていくこともできるのでおすすめです。
ミールキットを特集しているページがあるのでチェックしておくのがよいでしょう。

>> ミールキット食材宅配