歯が黄ばんでしまう原因は?

歯が真っ白な人とすこし黄ばんでいる人など、歯の色は個人差によって少し異なりますが、白い歯の人はやはりしっかりケアをしている人が多いです。
タバコを吸っている人はヤニなどで歯が黄色くなりがちですし、タバコを吸っていなくても普段から食べるものの影響や、歯磨き習慣の違いや歯の磨き方の影響で歯のしろ差には個人差があります。
歯が黄ばんでしまったり、黒ずみがある歯はやはり清潔感を感じませんし、口臭にも影響します。普段から人と話す機会が多い人の場合は、口臭をケアすることもエチケットの一つです。それがビジネスの場であれば必須です。歯が黄色くなってしまう多くの原因は、歯磨きの仕方や頻度が大きく影響すると考えられます。
タバコを吸っている人でも白い歯を維持している人は非常に多いです。タバコを吸ったあとはすぐに歯を磨いたり、歯磨き後には歯の再石灰化を促すガムやケアアイテムを使用したり、定期的に歯のホワイトニングに出向いたりなど、それなりのケアを行っている人が多いです。
歯のホワイトニングは、自宅でもできますし、夜寝ている間に完了できるホワイトニングなどもあるので、毎週1回から2週間に一回程度はケアしているという人もいます。
また、普段使っている歯磨き粉選びも重要です。研磨剤が入っている歯磨き粉は白く見せることはできますが、歯がやせ細ってしまう可能性もあるので、研磨剤を使用しないものがおすすめです。
研磨剤を使っていないにも関わらず、健康的な歯の白さをサポートしてくれる歯磨き粉は、全薬販売株式会社のオーラパールなどがおすすめです。
研磨剤を使用しているけれど、研磨剤よりも粒子が細かく歯に与える影響が少ないと言われているハイドロキシアパタイトが配合されているものを使用するのも一案です。
タバコやコーヒー、お茶やワインなどをよく飲む方に特におすすめなのは、アパガードのスモーキンという種類のものです。ハイドロキシアパタイトで歯の汚れを除去し、ステインやヤニを除去してくれるのでおすすめです。

白い歯を目指すにはやはり歯磨き習慣が重要です。また、普段から口にしている飲み物や食べ物が着色汚れの原因となっている場合は、食べたり飲んだりする頻度を見直すことも重要かもしれません。